スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 背景作成テスト(失敗)

んー、思ったようにはいかない。
110319a_stage.jpg
いろいろ試した成れの果て。

●目標
・戦闘シーン用に広い荒野を作りたい。
・手間をかけすぎず、ローコストに作りたい。
・データは可能な限り軽く抑えたい。
・見た目はトップノッチじゃなくても、「見れるレベル」ならある程度妥協してもいい。
・トゥーンレンダーのキャラとある程度マッチするルック。
・アップでもロングでも汎用的に使えるリソースにしたい。

効率よく背景を作る手法を模索していろいろ試すが、なかなか上手くいかず。

ジオメトリ:
 細かいグリッドに「PUSH」オペレータ。
 ウェイトマップをつないでペイント感覚で地形を作り、アンビエントオクルージョンで陰影焼付け。
 しかしまともな地形を作ろうとするとポリゴン数が尋常じゃなく必要。
 どうしても無駄なポリゴンが多いんだよなー。

テクスチャ密度:
 アップに耐えられるようにテクスチャをタイリングして密度を増やすと
 ロングの時にタイリングは目立つし、テクスチャが地形に合わない。

基本的にゲーム用の背景と同じジレンマなんだよな。

正攻法で手間かけてステージを作るのがもちろん一番正しいんだけど、それだと時間がかかりすぎる。

あきらめずに何か良い方法がないか考えよう。
アイデアしだいでいろいろな方法で問題が解決できるのがSoftimageの良いところ。
きっと何か良い方法があるはずだ。

こういうときは前提から覆してしまうと意外な抜け道があるんだよなー。
プロット的に絶対荒野じゃないといけないのか?とか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JNY

Author:JNY
某ゲーム会社勤務
趣味と修行をかねて個人製作中
Softimage & Cgfx & Unity

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。