スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNITYシェーダー移植

試行錯誤の末、なんとかUNITY上で動くシェーダーが形になりつつある。
130115a_UNTY.jpg
同じCgfxとはいえ、Softimageの環境とはいろいろと方言が異なる感じで、動くようになるまでえらい苦労した。
UNITYのほうがいろいろできるけどその分決まりごとが多いって印象。用語もいろいろ違うし。
にわかシェーダー使いにはハードル高いぜ...。

一応それらしい絵は出たけど、現状は細かい部分で理解が足りてなくてSoftimage用の完全移植には至っていない。
もう少し時間をかけないとSoftimage用シェーダーと同じルックの再現は難しそう。
暇を見つけてこつこつ進めていきたい。

あと、どうもUNITY独自仕様のSurfaceShaderでないとシャドウマップは使えないくさい?
自前のvertex shader + fragment shaderでやりたいんだけどな...。
ネット上では「できる」っていう情報もあるんだけど、そのとおりやっても
「その機能はsurface shaderじゃないとつかえないよ」的なエラーが出る...。古い情報なのだろうか。

やはりsurface shader勉強せんとだめなのか?
調べた限りでは今やってるようなトゥーン表現ができるような気がしないんだが...。
近づいたと思ったゴールが遠ざかっていくような心境。

だれかボスケテ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JNY

Author:JNY
某ゲーム会社勤務
趣味と修行をかねて個人製作中
Softimage & Cgfx & Unity

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。