スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景とか

屋外用背景シェーダーをそのまま屋内に流用できないかとテストしたら思いのほかうまく行った。
最初のスクリーンショットのとおり、ポリゴン数は300程度とか超ローポリなんだけど、
そのわりにはリッチに見えてると思う。基本はこれで、細かいオブジェクトを後乗せしていく感じで背景は量産できそうだ。

何よりもポイントなのは作業コストの低さ。これならUV展開もモデリングも最低限でそれなりに見れる背景が量産できそう。
120930d_BG.jpg120930c_BG.jpg
120930b_BG.jpg120930a_BG.jpg
背景については「ローコストだけど鑑賞に耐えるもの」というゴールが見えてきた。長い道のりだった。

キャラもいろいろ仕込んでたりしてるけどまだまだ道は長いなぁ。
根気よく進めていきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JNY

Author:JNY
某ゲーム会社勤務
趣味と修行をかねて個人製作中
Softimage & Cgfx & Unity

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。