スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSAO悪あがき

昨日の続きで何とかしてsoftimageのビューポート内でもう少しリッチに見せられないか、接地感をなんとかできないか、
というのがどうしても諦めきれず、いろいろと試行錯誤。

●SSAO
その一つに、softimageのハイクオリティービューポートの機能を応用できないか、という方向があったんだけど、
どうもハイクオリティービューポートではcgfxシェーダーを適用したマテリアルではcgfxシェーダーが優先されてしまい、
そのマテリアルにはシャドウマップもSSAOも無効になってしまう様子。
(MSAAとかはちゃんとかかってくれるから非常に使えるオプションではあるんだけど!)
これは前から分かってたことではあるんだけど、もし仮に合成できたらどんな見た目になるかな、ってなことで
フォトショで試しに合成。

↓元の画像
1401012c_SSAO.jpg
↓白いconstantマテリアルに置き換えてハイクオリティービューポートでSSAOを適用>その後フォトショでややぼかし
1401012b_SSAO.jpg
↓上記二つを乗算した結果
1401012a_SSAO.jpg
あ~、良い。見やすい。SSAOやっぱり良いなぁ。接地感が段違い。まさにこれが欲しい。

この合成をなんとかリアルタイムでできないか。
だが今のところ有望そうな手段は思いつかず。
問題点としては
・ハイクオリティービューポートでcgfxとSSAOを両立できない
・SSAOの結果をcgfx上から取得できない。(これができればかなりいいのだが!!)
・そもそもSIのSSAOはそのままだと汚くて上記のようにガウスぽかしを後処理でかけないと見れたものじゃない。
というところでやはり実現はむずかしそう。逆に言うと上記の問題が解決できればまだやりようが出てくる。
もうちょっと調べてみるか…。

●ステンシルシャドウバッファ
ずっとシェーダーの研究を続けていたおかげで昔よりはステンシルシャドウについての理解はちょっと深まったので、
softimageのcgfxシェーダーでもなんとか再現できるんじゃないのか?と思っていろいろ試した…
んだけど結論から言うと今のところ成果ゼロ。
改めていろいろ調べたのでstencil bufferについての理解はちょっと深まったはずなんだけど、
SIのRTビューポート内にどうしても結果を反映できない。まさにうんともすんとも言わない。
そもそもSIのRTビューポートはstencil bufferへのアクセスを許可してないっぽい?
アクセスできるならどこかで誰かがすでにやっていそうな気もするし、そういう話を聞かないということはやはりできないということか?
とはいえなにぶんstencil buffer関連はまじめに触るのは初めてなのでこちらのコードが間違っている可能性も高い。
これももう少し調べてみるか。


落ち影もSSAOもunity上では問題なく表現できるのは分かっているんだけど、可能な限りsoftimage上で
完成品に近い形でプレビューしながら作成したい、というのがあるんだよね。
できれば一つのツール上でアート系の作業を完結させたいというか。
贅沢な悩みではあるんだろうけど、個人的にはそこが大事なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

JNY

Author:JNY
某ゲーム会社勤務
趣味と修行をかねて個人製作中
Softimage & Cgfx & Unity

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。