スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FabricSplice始めてみた

精神的に一つ肩の荷が下りたので前々から触ってみたかったFabricEngineのSpliceを始めてみた。
http://fabricengine.com/2014/03/fabric-engine-softimage-and-the-vfx-industry/

まだよくわかってないけど、わかる範囲で説明するとこんな感じ。
・FabricEngine=DCCツールと連携するツール各種を作るための開発プラットフォーム。
・FabricSplice=DCCツール内の処理に介入していろいろできる仕組み。
・要するに外付けのICEみたいなもん?
・ただしノードベースではなく、コードを書く形
・KLというC++に似た言語をつかう。スクリプトのようにその場で編集できて、実行時にも高速なのが売りだとか。
・書いたものはsoftimage、maya、3dsmaxなど各種Dccツール間で互換性あり。

インストールまでの感想:
・英語のドキュメントがちょっとわかりづらくてインストールするまでがつらかった。
・Spliceと、Engineと、両方インストールしたけど、いまのところSpliceしか触ってない。
・Splice単品で動くのか、Engineもインストールしないといけないのかは不明。今度別のPCで試そう。

使ってみた感想:
・チュートリアルが動画なので最初の山さえ超えればスムーズに入れた。(ただし英語)
・maya向けのチュートリアルでもコード内容が一緒なのでそのままsoftimageに応用できる。
・ノードベースじゃないことのメリットとして記述が超簡潔。
・前から思ってたけどノードベースって分かりやすいように見せかけて実はわかりにくくね?すぐゴチャるし。


maya向けのチュートリアルを参考に、softimage上で簡単なセカンダリアニメーション用のシム処理を書いてみた。
140427a_sim.jpg
コードはたったこれだけだけど、ちゃんと動く。すげぇ。
前にICEでもチュートリアル参考にverlet法を作ってみたことあったけど、
その時は超ごちゃごちゃしててわかりにくかった。それと比べれば雲泥の差。

まだ最初の一歩を踏み出したばかりだけど、これはいろいろできそうで夢が広がるなー。
衣服とか髪の毛のゆれとかを自動化できればデザインの幅も広がるし、そのほかにもモデリングの補助的な機能も自作できれば…

softimageに機能追加がもう無いんだったら、自分で追加すればいいじゃない!
ってところまでいけたらいいな。
スポンサーサイト
プロフィール

JNY

Author:JNY
某ゲーム会社勤務
趣味と修行をかねて個人製作中
Softimage & Cgfx & Unity

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。